About

下関のケーキショップ自然派菓子工房アン・シャーリーについて


私たちは、日本で一番愛されるケーキ屋を目指します。


生菓子から焼き菓子まで、お客様の「美味しい」の声が聞きたくて、小さなお店からスタートしショップが数店舗になった今でも、愛情こめて作っています。美味しい旬の素材をふんだんに使って、見た目も美しく最良のカタチで味わっていただけるよう、常に完成度の高いものをご提供しています。それがお客様に愛されるケーキ屋ということに繋がると考えています。



ケーキを通じてお客様に感動をお伝えする。


私たちは流行に流されず、ひとつひとつの商品の思い入れを大切にして、ケーキに向き合っています。良い素材を用いて、手間をかけて作り上げる。そして、当たり前のことを当たり前にやることで、内面からおいしさがにじみ出ると。。。お客様が一口食べた時に、口に広がる感動は、そんな姿勢から生まれるものと考えております。



お菓子には人を幸せにする不思議な力がある。そんな幸せのキッカケにアン・シャーリーのケーキを。


ケーキづくりをはじめたのは自分の子供に安全で良い食べ物を提供したいということからでした。
友人が自然食品のお店を出すキッカケで、ケーキを納品するために、ガレージを改良して作業場をつくりました。ケーキを出すために保健所の許可をとったので、せっかくだからガレージを店舗に改良してお店として販売をスタート。クチコミで評判を呼ぶようになって、お客様が増えてきたので、駅前に小野田店を出店したのがアン・シャーリーというお店が広がるキッカケでした。

創業当初から『旬』を大事にし、フルーツは特に最盛期のものを使用しています。できる限り地元の食材、国内産のものを使用して、おいしさが第一だけれども、体に優しいものを使用しています。なので、たとえばイチゴ等でも外国産の防腐剤が多量に使用されているものを端境期でも使用しないようにしています。ほかにも旬のフルーツを使ったケーキもつくるので、提供した期間限定のケーキというものもございます。

また、小麦も外国産だと生育や運搬などで品質を保つため大量に薬品を含ませているので、国産小麦を使用しています。お砂糖は黒糖、三温糖、グラニュー糖、白双糖を使い分けています。黒糖はミネラルをたくさん含んでいるので、しっとり感がでてとても美味しく感じます。厳格に無農薬などの自然素材を使うという訳ではなく、生産者・生産地など素材の出所を明確にし新鮮さを優先した美味しさを提供するというポリシーでケーキを作っています。

シズル感を大事にしており、機械で作ったようなケーキではなく、つくりたての状態でみずみずしさをお客様に提供しています。それから、一生に一度の記念日に立ち会うつもりでケーキを制作しています。ケーキを通して出会った方々との架け橋になればと思っています。
それは、自分の子供がお菓子を目の前にした時に笑顔になる瞬間を見たいと思ったのと同じように、お客様の笑顔のキッカケになりたいと想い、日々試行錯誤しながらお菓子づくりに向き合っております。

皆様の幸せのキッカケになるようにアン・シャーリーのお菓子をご提供し続けます。

ー パティシエ 岡 孝子 ー